心配事はありませんか・・・

テレビなどで取り上げられることが多く、一般の方にでも広く知られるようになった盗聴器   
以前は都会の話でしたが…
近年、熊本でも相談また被害が増えています。
インターネットの普及により、盗聴のやり方や盗聴器の仕掛け方など細かく知ることが可能になったからです。
盗聴器もインターネットで誰でもすぐ購入でき、現在、年間約20万台の盗聴器が販売されています。

盗聴の主な目的

 ・ストーカー行為のための情報収集
 ・身内での金銭トラブル
 ・夫婦間での監視
 ・空き巣に入る為の在宅確認
 ・競合他社の状況把握
 ・個人情報から弱みを探る

そして、目的のない趣味嗜好での盗聴被害もあります

賃貸物件で以前の入居者に対しての盗聴器がそのまま設置されており、その盗聴波を探し当て受信し聴いてる者や(マニアの間では「オモシロ電波」や「漏れ電波」などと呼ばれてます)無差別に一人暮らしの女性宅を狙って盗聴器を設置する者など様々です。
盗聴波が出ている住所を共有するサイトや掲示板まで存在します。
安価な盗聴発見器で調べた場合、様々な電子機器に反応し本当に盗聴器なのか判断がつかず役に立たないこともあります。
高価な受信機を使っても一般の方ではノイズを聞き分けることが出来ず、盗聴波数も80種類以上あり盗聴器を見逃してしまうことも…

下記に心当たりのある方はご用心下さい
 ・話した内容を知っていた
 ・誰かが出入りした気がする
 ・近所で不審者をよく見かける
 ・通話中やテレビを見ている時、雑音やノイズがよく入る
 ・引越しをした
 ・自宅近くにいつも不審車両が停まっている
 ・トラブルを抱えている
 ・泥棒に入られた
 ・ストーカー被害にあった
 ・競合他社の動向が怪しい

 

探偵社だからこそ、盗聴器発見後のアフターフォローも万全です!


問題が大きくなる前に、まずはご相談ください。
一緒に解決しましょう!

 

調査料金の目安