ストーカーに対するご用心を

先日のニュースで、某女性がSNSで投稿した画像から自宅を特定されたという報道がありました...

犯人は女性の熱烈なファンだったそうです

自宅を特定された経緯は、SNSに投稿された女性自身が写っている写真の女性の瞳に映る周囲の風景を手がかりに場所を特定したようです

 

内容を聞いて驚かれる方が多いかと思いますが、いわゆるストーカーの手法です

最近ではスマートフォンのカメラ画素数も高くパソコン等で画像拡大すると意外と分かります

SNSはコミュニケーションツールとして非常に楽しいものでもありますが、その反面に多くの危険もあります

上記のように画像から自宅を特定されたり、SNSの投稿により自身の居場所やスケジュールを把握されるなどストーカーには必須アイテムとなります

ストーカー行為をする者の思考は通常の思考を超えているため、なかなか予測することが出来ません

 

「盗聴器」や「嫌がらせ」のご相談を受けた際に、ストーカー被害の可能性があるため、その旨ご相談者様に伝えますが

「ストーカーに遭う覚えはない」

とおっしゃいます...

 

ストーカーは必ずしも顔見知りがなる訳ではありません

毎朝、通勤路で見かける...

バスや電車が一緒...

SNSを見て好意を抱く...


と言ったキッカケもあり、防ぎようがないことも多々あります

 

はじめの頃は淡い好意でも、時間や思いが強くなり次第に自身の存在を知って欲しいと物理的なアピール(無言電話や監視行為等)が始まります

男性、女性、関係ありませんが、特に女性の方は危険予知され、日頃から被害に遭わないよう行動されるのが賢明かと思います

 

何か心配事がありましたら、まずはお気軽にご相談下さい!

 

¨たった一度の人生だから¨
熊本の探偵 九州リサーチ