浮気の証拠

お相手が不貞行為いわゆる浮気をしてましたと白状すればよいのですが、ほとんどの方は認めません!

では、証拠となるものは...

〇ラブホテルへの出入り
一番確実で浮気の証拠として一般的ですね

ただ、現場を見ましたではだめです

写真(連続)、映像で記録を撮らないといけません

〇異性宅への出入り

ただ部屋を訪ねただけ...

他にも人がいた...
など、言い訳される場合があります

異性宅への出入りは、継続しての張り込み、長時間滞在(宿泊)などを確認、記録する必要があります

証拠不十分となるケースがありますので継続的に証拠を集める必要があります

〇家族湯に入る

これも、ラブホテル同様、証拠として認められます

もちろん、写真、映像で記録は必要です

〇メール、LINEでのやりとり

メールやLINEによって、浮気が発覚することが今では多いですが、メールやLINEのやりとりが、浮気の証拠として認められるのは難しいでしょう

浮気(不貞行為)の証明はできないですし、証拠となる内容はほとんどないと思われます

また、内容は偽造も可能なため証拠としては弱いです

ただし、お相手が調停や裁判で浮気と認めた場合や状況証拠となりますので、写真や可能であれば印刷し記録しておいたほうがよいでしょう

〇音声録音

会話の内容によって証拠となる場合もあります

ただし、音声録音だけで浮気と認められるのは難しいですので、証拠材料としての記録となります

お相手が、浮気を認める発言を録音された場合は証拠となります

その他、浮気と思われる証拠(ホテルの領収書など)は、記録しておくほうがよいでしょう

決め手とはなりませんが、状況証拠として有効になります

浮気でお悩みの際には、お気軽にご相談ください!